検索
  • soulsin-g

長期戦で前を見る。

久しぶりのブログ更新。

飲み会もなくちょっとストレスが溜まってきたので今感じていることを文字に落としてみた。良ければお付き合いください。


コロナウイルスによる生活の制限やイベント自粛が行われるようになって早8か月。まだ終息の見通しが立っていない。各分野でWith コロナ対策が進められ、いかにコロナに感染せずに経済を回していくか、それぞれが必死に考えている。エンタメ系については観客数の制限をとらなければならず、どうしても非効率な形になってしまう。未だこれだという答えが見えない。その他業界においても大変苦慮しながら試行錯誤していると思う。


個人の生活においては、旅行やイベント参加、飲み会などの楽しい時間が激減し、メリハリのない生活になったり多くの楽しみが奪われている。そして、順風満帆と思われていた複数の著名人が自ら命を絶つという残念なことが起き、少なからず個人のメンタルや社会に影響を与えている。


世界中の人々、個々人のストレスは相当なものであると思う。そのストレスは時に犯罪に繋がったり、SNS上で他者を攻撃するということにも繋がる。SNSは情報発信、情報共有にはとても便利だが、精神に悪影響を与えることもあり、匿名の場合は他者の攻撃に使われることも多い。また他者と自分を比較することで、落ち込んだり嫉妬を抱いたり、それが攻撃に繋がることもあるだろう。


話が散漫になってしまったが、現在以下のようなネガティブなことが同時に起きているんだと感じている。


・コロナによる「娯楽やストレス発散の機会」の激減

・コロナによる失業、解雇、収入減による生活苦

・SNSの浸透による他者と自分の比較、自信喪失や嫉妬

・SNSやネット書き込みにて誹謗中傷の激化や著名人のスキャンダルを攻撃

コロナに加えてSNSの負の側面が作用して、より生き辛く、より息苦しい社会になってしまっている気がする。しかし、この流れは止められないだろう。



私個人としては、医療機関に勤務していて失業ということはないが、コロナがとても近くに感じられ、これからの時期はとてもナーバスであり過酷だ。医療機関勤務による生活制限もあり娯楽やストレス発散の機会も激減している。近年自分のライフワークともなっているライブ活動も今年は一切行っていない。昨年12月を最後にゼロだ。仕事以外の人とも会う機会も少なく音楽仲間ともご無沙汰だ。SNSではライブ活動をしている人も徐々に増えてきているようで羨ましくも感じる。


自分もこの息苦しい世の中に影響を受けている。自分だけでなく人類全体が苦しめられている。


さて、どうしようか。こんなときは自問自答してみる。


今出た答えは、


「長期戦で前をみる」だ。


以前のブログでは「希望を持つ」という表現をしたが、この状況は長期戦になるかもしれず、意識の持ち方が難しい。

短期の頑張りなら何とかなっても、長期戦は簡単ではない。

頑張りすぎると息切れが起こり、メンタルコントロールが難しい。


横を見て誰かと比較することなく、後ろを見て後悔することなく、これから来る将来に希望を持って長期戦で前を見る。ひとつひとつ着実に。息苦しいときだからこそ、焦らずに冷静に前を見たい。そんな答えが出た。いつもほとんど答えは同じだ(笑)。



今、3枚目にあたるニューアルバムの制作が佳境に入っている。2枚目リリースからまだ1年しか経過していない。コロナによるステイホームがあってのアルバムだ。そして、今年は7/1、8/1とfeat.Kenji Jammerのシングルを2枚リリースすることが出来た。本来世界ツアーに出る予定であったKenjiさんが特別参加して頂けたのもコロナがなければ実現が難しかったかもしれない。前を向いて今やるべきことを積み重ねるしかない。


ライブはしていないが、ほぼ毎日音楽に向き合っている。どう向き合っているかというとほぼPCと向き合っている。この作品がいつか皆さんに届くと思ってひたすら作業を進めている。過去最高の自信作を数か月後にリリースする!ぜひ期待して頂きたい。



人それぞれ違った大変さのなかにいて一概に語ることは出来ないが、どうか一時の感情に流されず、長期戦で前を向いてほしいと思う。もちろん自分も含めて。


とは言っても早く歌いたい、酒を飲んでバカ騒ぎしたいという一時の感情に流されそうだ(笑)


最後までお付き合いいただきありがとうございました。


soulsin-g



182回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示