記念シングル フライヤーhalf.jpg
2020年ラジオNIKKEI度おとなのバンド大賞
「おとバンde賞」「審査員特別賞(清水仁賞)」受賞曲
「月は何も言わない」
Special feat.Kenji Jammer (electric gt.& bass)
​2020.11.27 発表曲
FTP ジャケット09.jpg
あなたがいるから ジャケット02.jpg
あなたがいるから.jpg

★Special featuring Kenji Kammer

    soulsin-g 生誕50周年記念シングルを7/1、8/1に 2か月連続でリリース

 函館在住シンガーソングライターsoulsin-g 生誕50周年記念シングルを7/1、8/1に2か月連続でリリース致します。今回のリリースについては、私の音楽人生、人生そのものにとってこの上ない出来事となりました。ロンドン在住シンプリーレッドのギタリスト KENJIさんに特別参加して頂いたのです。シンプリーレッドは世界でのアルバムセールス6000万枚の売上を誇り、欧州アリーナ&スタジアムツアー等を行うイギリスの世界的バンド、そしてKENJIさんはジャックブルースの勧めにより、ロンドンに渡り約30年第一線でご活躍されている世界的なギタリストです。

 

この本来あり得ない特別参加は、KENJIさんのご厚意により実現しました。2019年7月KENJIさんが函館にいらしたときに、私がvocalとして参加しているAMIGOS(sound papa 吉田社長バンマスのラテンロックバンド)のライブステージのなかで特別ゲストとして演奏して頂きました。その度肝を抜くパフォーマンスは記憶に新しいところです。そのときのご縁から、医療機関に勤務する私がコロナによってライブ活動を自粛し音源制作に取り組む方針を発表した際、「いつでもギター入れますよ」とお声がけを頂いたのです。それから約1か月半、その言葉を胸に新しい音源制作に取り掛かりました。5月10日過ぎにKENJIさんに音源を送り、その後、ロックダウン中のロンドンと緊急事態宣言の函館にいながらデータのやりとりによって完成したのがこの2曲です。

★「Fight the pressure」2020.7.1 release

初のファンクチューンで昨年10月のワンマンライブで初披露した曲です。KENJIさんのギター満載です。ギターの音色もリアルで、カッティングのグルーヴ感が物凄いです。当初こちらから送った音源にはBRASS音も入れておりましたが全く不要となりカットしました。vocalは録音&MIXも大変苦労しましたがソウルフルに仕上がったと思います!KENJIさんのギターの音をミキシング&マスタリングできるのは本当幸せな時間でした。この曲から新しいマスタリング用プラグインを導入し、じっくりと時間をかけて仕上げました。

 

★「あなたがいるから」2020.8.1 release

ここ数年、世界的にナショナリズムが進行している感がありこの先どうなってしまうんだろう、歴史は繰り返すものなのかと思いつつ1年前に作ったラブソングです。コロナが拡大し歌詞がこの現状にもシンクロします。KENJIさんには後半のバッキングとソロを弾いて頂きました。音色そして展開が素晴らしいソロです。ちなみにアコギは私です。ボーカルは過去にないくらいの感情移入が出来たと思っています。昨年一年間歌いこんだ曲が晴れて作品になりました。

★「月は何も言わない」2020.11.25 youtubeにて発表

ニューアルバム収録予定として完成したばかりの「月は何も言わない」をラジオNIKKEI「おとなのバンド大賞」にエントリーし、一次審査を通過し、2021.1.1の結果発表にて「審査員特別賞(元オフコース清水仁賞)」を受賞しました。こちらの曲はKENJIさんのエレキギターとベースを入れて頂きました。エレキギターはイントロのメロディ、スライドギター、最後のソロなどこの曲の印象を大きく左右する素晴らしいアレンジをして頂きました。私が送ったデモ音源はアコースティックギターとドラムだけでしたので、KENJIさんの音源を頂いたときには驚きとともに感動致しました。今はYOUTUBEのみにフルバージョンをアップしております。

◆ Special thanks

KENJIさんの特別参加は、コロナ禍で沈みかけた私のモチベーションを復活させて頂き、無我夢中で制作に取り組むことが出来ました。KENJIさん、本当にありがとうございました。今回の2曲は多くの皆さんに聴いて頂きたい記念作品となりました。

2曲は次のアルバム(リリース日未定・CD化予定)に収録予定で、今回はシングルCD化は致しません。iTunes,amazon music などのサブスク(streaming )や ダウンロードにてお楽しみください。

↓ ぜひご覧ください

約5年前のKENJIさんのインタビュー記事

https://realsound.jp/2015/09/post-4476.html