BIOGRAPHY

soulsin-g(ソウルシンジ)
函館在住シンガーソングライター。函館を拠点として、札幌、東京などでのライブ活動(弾き語り、vocal)、音源制作(CD、配信)を行っている。生きることに正面から向き合った歌詞とソウルフルかつ伸びのあるボーカルを特徴とする。
soulsinger + shinji(名前)= soulsin-g (ソウルシンジ)

soulsin-g History

★歌う学生時代

小学生の頃から邦楽、洋楽、いつも真似て歌っていた。中学、高校時代はロックバンドでボーカルを担当。大学時代、軽音楽部に入部するものの肌に合わず退部。その後、札幌ススキノのバーでカラオケを歌っているところをスカウトされ、某ミュージックバーの専属ボーカルとして1年間活動。R&B、SOUL、BEATLES、J-POP、幅広い楽曲を毎日約30曲歌い、現在のボーカルスタイルの基礎を築く。なかでもSOUL、R&B的唱法の修得に傾倒した。

★銀行員、会社員、音楽暗黒時代

大学卒業後は、歌に未練を持ちながらも企業への就職を選び銀行員となった(その後銀行は破綻し転職)。途中カラオケコンテストに出たりもしたが、音楽からはしばらく遠ざかることになった。「カラオケ上手いね」という言葉にジレンマを感じつつ、ゴルフに熱中するも全くセンスは無かった。

★音楽活動、再開

2010年、40歳を過ぎた頃から、歌と音楽をもう一度やってみたいという気持ちが再燃し、弾き語り活動、オリジナル楽曲の制作を開始した。音楽活動を始めるきっかけとなったのは、函館市杉並町にある「haru-na-tei」というお店。常連さんから誘われライブ活動を開始した。ユニット形式でライブを数回行った後、初の弾き語りデビューとなったのが2014年7月の「大門ジャズ」であった。このときすでに44歳だ。本格的なジャズフェスで弾き語りデビューとは無謀であったが、その際、玉置浩二さんの「メロディー」を歌った動画がYoutubeにアップされている(ガチガチだ)。その後はオリジナル曲を増やし、市内でのライブ活動を重ねた。また函館のバンド「Amigos」「Double-S」等のボーカルとしての活動も開始した。


★遅咲きSSW

2016年からはオリジナル曲を中心にシンガーソングライターとしての活動を展開。20代の頃、オリジナルソングで表現したいこともなく、曲も全然作れなかった。しかし40代になり、それまでの人生で経験したこと、困難苦難と向き合った経験を歌にしたい、伝えたいという気持ちが強くなり、自然とメロディも浮かぶようになった。その後、オリジナル曲のCDリリースに向けた制作を始め、自宅録音により1年以上の制作期間でバンドサウンドに仕上げ2017年5月 念願の1st mini album 「Life is...」をリリースした。粗削りながら収録曲「Shalala」がNCV函館ニュースウィークリーのエンディングテーマに採用となった。曲作り、ライブ、音源化、プロモーションなど一通りの作業を1人で行うパターンを身に着けた。

2018年はチャレンジングイヤーと位置付け、初のワンマンライブ、東京、札幌、苫小牧などへの活動の場を広げ全国のアーティストとのネットワークも広がってきた。またセカンドアルバム制作にも取り掛かった。

2019年からは、いろいろな場所で繋がったミュージシャンを招いての自主企画ライブ「Live in Hakodate」をシリーズ化。普段函館では聴けないアーティストとのライブを地元の皆さんに提供する企画。ファーストアルバムより相当クオリティを上げた念願のセカンドアルバムが10/12リリース、同日あうん堂でワンマンライブはソールドアウトとなった。12月にはラジオ日経「大人のバンド大賞」にて収録曲「ファイター」が優秀賞を受賞した。

2020年は50歳のメモリアルイヤーで10月に金森ホールでの記念ワンマンライブを企画したが、コロナの関連で5月に中止を発表した。2020年はライブは自粛せざるを得なく新作リリース(シングル・アルバム)に向けた活動にシフトチェンジし、3rd album「My soulSⅡ」の完成に向けて精力的に音源制作​に取り組んでいる

 

2020.6.13誕生日に、special featuring Kenji Jammer 50th anniversary 記念シングルリリースを発表。50歳にしてチャレンジは始まったばかりである。

★近年の主な活動

2014年

7月 大門ジャズにて、弾き語りデビュー

他合計7本のライブへ出演

2015年

5月 四季の杜公園 ワンマン弾き語りライブ

7月 大門ジャズ

他合計8本のライブへ出演

2016年

市内を中心に合計26本のライブへ出演

2017年

5月 1st mini album「Life is...」リリース。

7月 初札幌ライブ「フライアーパーク」 

8月 函館「On the street live」へ出演

9月 苫小牧Ellcube、伊達Kanzy出演

11月 函館蔦谷書店インストアライブ

他合計24本のライブへ出演

2018年

2月 iTune, Amazon, etcでの「Life is ...」配信開始

3月 soulsin-g ホームページオープン(3/3)

5月 札幌、函館でのライブ(5/4.26.27)

「Shalala」がNCV函館「NCVニュースウィークリー」

エンディングで採用

6月 Double-S初ライブ

7月「haru-na-tei」にてワンマンライブ実施(7/21)

8月 東京初ライブ(板橋ファイト!豪徳寺leafroom)

カホン村岡とのコラボCD「LIVE IN TOKYO」限定発売

函館「On the street live」へ出演

9月 札幌、苫小牧

10月 「風が吹いている」配信開始​

11月 札幌クラフェス参加

12月 moka×soulsin-g ツーマン実施

2019年

4月「Live in Hakodate vol.1」

5月「Live in Hakodate vol.2」

6月「Live in Hakodate vol.3」

8月 大門スーパーライブ出演

​9月 定禅寺ストリートジャズフェスティバル出演

9月「Live in Hakodate vol.4」

10/12 あうん堂レコ発ワンマンライブ

10/12 2nd album「My soulS」リリース

11/23 「Live in Hakodate vol.5」​

12月 moka×soulsin-g ツーマン

12月 ラジオ日経「大人のバンド大賞」にて優秀賞受賞

2020年

1月 youtube にてカバー動画配信開始

2月 コロナのためライブ活動休止

3月 新音源制作活動開始

7月 Fight the pressure(feat.Kenji Jammer)(7/1配信リリース)

8月 あなたがいるから(feat.Kenji Jammer)(8/1配信リリース)

★DAW

cubase pro 10.5

★使用楽器

martin 000-28 ctm

martin D-28

gibson southern jumbo

taylor 314ce

★バンドユニットのご紹介(年1~2回のライブを実施)

「Amigos」(ラテンロック、santana、doobie…)

timbales&vocal : PAPA Yoshida 

guitar:Calros Hirayama
keyboard : Osamu Hurukawa
drums:Motohiko Sakano
bass:Taiki Ono

congas&guitar:katsuyuki Kuwahara

congas:Dennis sallivan

vocal&percussion:soulsin-g

 

「Double-S」(70~80's 洋楽カバーユニット)

guitar : 葛西 伸爾

Bass : 吉村 徳泰

percussion : Jennie藤田

vocal : soulsin-g

★favorite artists

Marvin Gaye、Aaron Hall、Frank Sinatra、Kenji Jammer、Simply Red、

Babyface、Stevie Ray Vaughan、玉置浩二、田島貴男 etc